Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

究極のFPテキスト

FP試験の受験生を応援するサイト。
オススメの市販本を紹介しつつ、テキストに載っていない背景や覚え方を解説しています。

【2級】住宅ローン商品

暗記モード ON OFF
フラット35の基本

FPの試験は、全国的な試験ですから、個別の銀行の商品について出題される事はありません。
しかし、全国どこの金融機関でも取扱われている、フラット35の知識は問われます。

フラット35は、融資期間が最長35年で、全期間固定金利の住宅ローン商品です。

融資される金額は、物件価格の100%以内で、100万円以上8,000万円以下まで借り入れる事ができます。

<参考>
フラットは水平という意味で、金利が水平、つまり、固定金利という意味です。
金利

<適用金利>
フラット35の金利は、融資実行時点の金利が適用されます。

また、金融機関ごとに異なる事がありま す

<参考>
実務上、融資を申し込んだ時点のものが適用される訳ではないと言う点に、注意が必要です。
申込をして、審査が完了した後に適用金利が決まりますから、申し込み時点の金利と適用される金利が、違ってしまう可能性があります。
<参考>
フラット35は全国どの金融機関でも取り扱っていますが、個々の金融機関の経営判断により、適用金利は異なります。

<適用金利の変化>
フラット35は、返済期間を21年以上に設定した場合、適用金利が高くなります。

また、住宅の取得価格に対する借入金額の割合が90%を超えると、適用金利が高くなります。

よって、住宅ローンを組む際に、最低10%は自己資金を用意した方が良いと言えます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




対象となる住宅

フラット35を利用するためには、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅で、床面積が、戸建てであれば70㎡以上、マンション等の場合は30㎡以上である必要があります。

さらに、購入価格が 1億円以下でなければ利用できません。

なお、別の住宅ローンからフラット35に借り換える事(借換え利用)はできま す

また、リフォーム資金に利用する事ができません

投資用物件の取得の為に利用する事ができません

<参考>
フラット35の対象物件は、本人または親族の居住の用に供するものである事とされています。
その他の借り入れ条件

ローンを組む際には、保証人が要で、保証料が要です。

また、団体信用生命保険は任意加入となっています。

ちなみに、いくら返済期間が最長35年だからと言っても、80歳の人が借りると、平均余命から考えて、完済出来そうにありません。

ですから、申込時の年齢は、基本的に、満70歳未満とされています。

但し、親が借りて、親が亡くなったら子どもが返す場合(親子リレー返済)においては、子供の年齢が基準となりますので、親の年齢が70歳以上であっても、利用する事ができます。

返済条件

フラット35は、年収400万円以下の人と、400万円以上の人とでは、年収に対する割合で定められている、年間返済限度額が変わります。

また、繰り上げ返済をする際には手数料がかかりません

なお、繰り上げ返済には最低限度額があり、インターネットサービス(住・My Note:すまいノート)を利用する場合は10万円から、金融機関の窓口で返済する場合は100万円からでなければ、繰上返済する事ができません。

<参考>
フラット35を利用するためには、年収に占める年間合計返済額の割合(=総返済負担率)が次表の基準を満たす必要があります。

年収 400万円未満 400万円以上
基準 30%以下 35%以下
リンク

フラット35について、実務上、詳しく知りたい方は、「住宅金融支援機構のホームページ」で情報を得る事ができます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。